心理カウンセラーで独立開業!必要な資格や知識は?

ビジネスで夢を叶える

カウンセリングを受けて、自分の悩みが解決していき、心が軽くなっていくと、心理カウンセラーになって、自分と同じような悩みを抱えている人をサポートしたい、

心理カウンセラーで独立開業して、自分でビジネスをやってみたい、という思いが出てくる人も少なくありません。

そうなると、必要な資格は何があるのか?どんな知識が必要なのか?を知る必要がありますね。

こんにちは。吉村恵です。

わたしは現在、心理カウンセラーで独立起業したい方のサポートや、独立開業したけれど収入に繋がらない方へ

ビジネスのノウハウだけではなく、マインドやメンタルを育てていくサポートをさせていただいています。

心理カウンセラーの仕事がしたい!心理カウンセラーとして独立開業したい!と思っているけれど、何をどうしたらいいのかわからないという方も少なくありません。

わたし自身も試行錯誤しながら、起業して6年が過ぎました。ここまで続けてこれたことにとても嬉しく思っています。

そこで、今回はわたしの体験から

心理カウンセラーで独立開業したい方へ、必要な資格や知識について

書いてみようと思いますので、最後までお付き合いくださいね。

 

心理カウンセラーの資格は必要ない

 

心理カウンセラーで独立開業するために、必要な資格はありません。

今の段階では、資格がなくても独立開業することができます。

心理カウンセラーの資格は、大学を卒業したり試験を受けて取得できる、臨床心理士や公認心理士と、大学卒業や試験などを必要としない、民間の心理カウンセラーがあります。

例えば、民間の心理カウンセラーの資格は、チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー、夫婦カウンセラーなど、民間の会社が発行している資格がたくさんあります。

資格がないのに、心理カウンセラーとしてお金をもらってもいいの?

 

心理カウンセラーとして独立開業するためには、特に資格は必要ないのですが、そのことを知らない方々も多くいらっしゃいます。

(名前)
資格もないのに独立開業なんて、いいのかな。。。

なんだか、悪いことをしている気持ちになって堂々とできないな。。。

このように、資格がないのに独立開業することに罪悪感を持っている方も少なくありません。

そのような場合には、資格が人を助けるわけではない・資格がある人が優秀な心理カウンセラーなわけではない、という視点も取り入れてみてくださいね。

大切なことは、悩んでいる方をしっかりと導きサポートできるかどうか。それが一番重要なことです。

 

自信のなさから資格取得を目指す間違い

 

わたし自身は、民間の心理カウンセラーを複数もっています。

心理カウンセラーで独立起業するのには、資格は必要ないと知っていながらも、いくつも資格を取得したんですね。

その当時のわたしは

めぐみ
資格を取ったら自信が持てるかもしれない。
知識が増えたらビジネスがうまくいくだろう。お客さまがたくさん来てくれるだろう。
いろんな資格を持っている方が、お客さまらかの信頼を得られるはずだ!
という思いがあったんですね。

ですが、実際に独立開業した当初は、名刺やHPに、複数の心理カウンセラーの資格を載せていましたが、悩んでいる方は資格など気にしておらず

お客さま
あなたのところへ行くことでどのように悩みが解決していくのでしょうか?

あなたと接すると、わたしの悩みはどんな風に解決していくのでしょうか?

あなたは私を幸せにしてくれるのでしょうか?

ということの方が重要であると、知らされました。

肩書きにこだわっていたのは私自身で、たくさんの資格をもっていれば仕事になるはず!多くの資格がある方が信頼されて頼られて求められるはずだ!と思っていたのですが、

そんなわたしの考えは間違っていて、勘違いをしていたのだということを知ってからは、取得した資格をホームページや名刺に載せることをやめたんですね。

最初は、それでお客さまが来てくれるかどうか不安はあったのですが、大丈夫でした。
資格を載せなくても、ひとつも載せていなくても、お客さまが来てくださるようになったのです。

大切なことは、資格ではありません。お客さまの悩みを改善していくサポートができるかどうかです。

自分の自信がなくて、資格を取得すれば自信がつくと、勘違いをしている方も多くいらっしゃるのですが、その自信のなさは、資格を取得しても取得しても、自信がつくわけではありません。

独立開業を目指すのであれば、学んだことを実践し、できるようになることが重要です。

知識を得るために、資格を取得するのであれば意味がありますが、自信をつけるための資格取得は意味がありませんので、知識を得ながら自信をつける方法を取り入れるのがオススメです。

 

独学でもOKだが心理学を学ぼう

 

知識を吸収するために、民間の心理カウンセラー資格を取得したり、ネットや本などから心理学について学ぶことをする方法があるかと思いますが、

オススメの方法は、通信教育やネットや本など、文章を見て学んだり動画を見たりなどして、一方的に受けるものではなく、実際に対面やオンラインなどで学ぶことができ、質問をしたり、アドバイスをもらったりする学び方です。

なぜなら、ただ知識を増やすだけなら誰にでもできますが、

✅自分が何を理解できていないのか?
✅自分は何を勘違いしているのか?
✅自分は何をもっと深める必要があるのか?

それらを教えてもらえる方が、心理カウンセラーとしてのスキルがアップしていくからです。

受動的な学びは、腑に落とすところまでいかなかったりしますが、能動的な学びは、どこまででも広がりと深さが増していくこととなります。

 

自身の悩みや問題を改善・解決しておく必要性

 

わたし自身、起業初期に悩みぶつかった壁があったのですが、それが

◆知識だけを得ても自信がなく、お客さまをサポートするのが怖かった。

◆学んだことだけは頭にあるが、学んだこと以外の相談や質問が来たらどうしていいのかわからなかった。

ということでした。

わたしは現在、心理カウンセラーの起業・ビジネスもサポートさせていただいているのですが、多くの方々が、以前のわたしと同じようなところでストップしてしまっているんですね。

知識だけでは、クライアントさんをサポートすることができません。

それでは、何が必要で、どうすればいいのでしょうか?

それは、自分自身の悩みや問題を改善・解決していく経験をしているかどうか?です。

知識で知ってわかっていることと、実際にできるのとは別物です。

わたしたちは、実際にできることしかクライアントさんに教えることはできません。

知識は、いくらでもお伝えすることができますが、それは、ネットを調べれば答えが出てくるので、クライアントさんは、そんなものは求めていないんですね。

この人は、知識でしか話をしない。実際に解決できていないんじゃないの?

自分のことは棚に上げて、わたしにアドバイスしてない?

と、クライアントさんが感じることも少なくありません。

実際にあなたも、他人にそのように感じたことはありませんか?人は目に見えなくても感じることで判断していたりするものです。

自分自身が問題を抱えたままだと、クライアントさんに自分の悩みを投影してしまったりします。

そして、知識だけで仕事をしても、説得力もなく、クライアントさんを解決へと導くことができないでしょう。

ですので、専門性を高めながらも、自分自身の悩みや問題もクリアし続けていくことが、クライアントさんのサポートにも繋がっていくことを、意識されてみてくださいね。

 

心理カウンセラーのスキルだけでなくビジネスも学ぶ

 

心理カウンセラーとして、独立開業しようと思っているのでしたら、カウンセラーとしてのスキルだけではなく、ビジネスも並行して学んでいくことをオススメします。

わたし自身、起業当初は全くお客さまに来てもらえず、もっとスキルアップしたら☆もっとカウンセリングが上手になったら、お客さまに来てもらえるのではないかと、勘違いをしていたんですね。

独立起業して、収入を得たいのであれば、必ずビジネスを学びましょう。

カウンセリングをしたくても、人の悩み解決をサポートしたくても、お客さまが来てくれなければ出来ません。

実際に、心理カウンセラーで独立開業したけれど、集客できずに仕事をやめたり、他の仕事のパートをして収入を得ている方も多くいらっしゃいます。

それが、いいとか悪いとかではありませんが、せっかく、心理カウンセラーとして独立開業を目指したのであれば、

ビジネスを学んで集客できるようになって、心理カウンセラー1本で収入を得られるようになりたいものですね。

そうすることで、あなたらしさを活かしながら人のお役に立てている喜びを感じられるようにもなりますし、自信がもてるようになったり、自己表現が楽しくなったりと、生きているのが楽しくなっていくことでしょう。

そのような、あなたの存在や生き方に影響を受け、クライアントさんが変化していく☆

そんな循環ができるようになると、更に仕事が楽しくなっていきます。

ビジネスをしっかりと学んで実践していけば、収入が得られるようになりますので、諦めずにコツコツとやることも大切ですからね。

 

お金の問題を解決する

 

心理カウンセラーとして独立起業したけれど、収入に繋がらない方々の共通点に、お金に対する考え方がネガティブである、というものがあります。

これは、以前のわたしもそうでしたが、何十年と消費者側で生きてきているので、売る側の思考や心理が全く分からなかったのです。

品物を売ってお金をもらう立場となっても、思考は消費者のままですので、行動が伴わず現実がうまくいかない、ということを体験することとなります。

ですので、心理カウンセラーとして独立起業するときには、お金の考え方・捉え方をマルッと変えていくことが必要となるのです。

ということは、お金の使い方も変えていく必要があるんですね。

心理カウンセラーとして独立起業しても、うまくいかない方々の多くが、お金の問題をもっていて、そこの悪戦苦闘してしまっていたりするので、この部分もビジネスを学びながら解決していくことをオススメします。

まとめ

 

今回は、心理カウンセラーで独立開業するに必要な、資格や知識と大切な経験について

心理カウンセラーで起業して、長い間うまくいかなかったときのわたし自身の経験や、ビジネスがうまくいかず、収入に繋がっていない方々をサポートしながら感じたことを参考にして書いてみました。

◆資格は必要ありません
◆心理学を学ぼう(独学でもOK)
◆自分の悩みがクリアになっていることが重要
◆専門性と共にビジネスも学ぶこと

これをやっていくことで、自分でビジネスをしていける人生へと好転してくことができます。

やることがたくさんあるから大変そうだな(;’∀’)

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなときにぜひ、やってもらいたいことがあるんですね。

それが、本当にやりたいのか?ということを自分自身に問うということです。

心理カウンセラーで独立開業すると、自分の時間が増えたり、好きな仕事ができて幸せ、と捉えがちだったりするかもしれませんが、そうなるまでには大変なこともある、ということを受け入れて進む人が達成できる人ですからね。

モチベーションが上がらない、保てない、というお悩みについての対処法は、また別の記事にてお話いたしますので、楽しみにされていてくださいね。

 

 

◆起業して自分でビジネスをしていきたい方へ、メルマガにてビジネスのノウハウやマインド&メンタルを育てる方法について配信しています。

日ごろから意識してできることをやっていきましょう。


こちら