【原因・解決法】決めつけて怒る人をどうにかしたい!

人間関係の悩みを減らす方法

 

こんにちは。吉村恵です。

わたしは現在、女性の精神的自立を経済的自立をサポートしているのですが、

わたしの所へご相談に来られる方々の悩みの多くに、決めつけて怒る人に嫌な思いをさせられるというものがあったりするんですね。

それは、別の言い方をすると

他人に振り回されて
嫌な思いをしてしまう

ということでもあったりします。

勝手に決めつけてくる人と一緒にいて、いい気がすることはありませんよね。

とは言っても、決めつけてくる人を変えるのも難しかったりします。

そこで、今回は
決めつけて怒る人との関係で悩まなくなる方法についてお話ししてみようと思います。

決めつけて怒る人との人間関係で悩む理由・原因

 

人間関係で悩む理由・原因で多くにあるのが、相手の言動により、

憂鬱になったり
寂しくなったり
悲しくなったり
傷ついたり
不安になったり
心配になったり・・・

と、目の前の人の言動により、気持ちを左右させられてしまい疲れてる・・・ということが悩みとなってしまっていたりするんですね。

決めつけてくる人が苦手だったり、
決めつけて怒る人との関りを
できるだけ避けたいと思っていても

相手は変わらないし
相手を変えようと思っても
変わる奴じゃないし

これまでにいろいろやってみたけれど
全然改善していかない・・・
と悩んでしまっている方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

人間関係で悩んでしまう理由や原因は、相手によって自分の気持ちや気分が変わってしまう、ということです。

ということは、人間関係での悩みや問題が少ない方は、相手によって気持ちや気分が変わりづらい、ということなんですね。

では、相手によって気持ちや気分が変わる人と、変わりづらい人との違いは何だと思いますか?

それは、幼少期に親の顔色を伺って親の言うことを聞いて、お利口な子どもだったかどうか。

人の目や世間を気にして、怒られないように嫌われないように相手の機嫌を損ねないように過ごしてきた人は、他人に左右されてしまう人間関係を、無意識に築いてしまうんですね。

いま、目の前の決めつけてくる人や怒る人で悩んでいると思っているかと思いますが、

実は、幼少期から同じような悩みを抱えていた、ということになっているんですね。

 

決めつけて怒る人に悩まされる仕組み

 

決めつけて怒る人との関係性を改善するためにはどうすればいいのか?

それは、
決めつけてくる人や怒る人の心の仕組みと、決めつけてくる人や怒る人に振り回される人の仕組みを知るといいんですね。

怒られる人と怒られて嫌な思いをする人、
決めつけてくる人と決めつけられて嫌な思いをする人、

これは1セットなんですね。
お互いにガチっとハマっていたりするんです。

決めつけて怒る人とわたしが1セットだなんて、どういう意味ですか?

セットとか言われたくないです。。。

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

1セットとはどういう意味かと言いますと、
例えば

「人から責められて嫌な思いをする人は自分が自分のことを責めているから」ということとも同じ仕組みだったりするんですね。

ある人から同じ状況で同じ言葉を言われたとしても

責められた!傷つくわ~と思う人と
たいして何にも反応しない人がいます。
面白いこと言うね~と楽しむ人だっていたりします。

自分が自分のことを責めている人は
他人から責められたと捉えているんですね。

傷つき悲しんでいる自分自身が自分のことを責めているだなんて
気づいていなかったりするので
そこが1セットだと気づきにくい理由でもあるのですが

目の前の人に反応する・反応した、ということは

自分の中に反応する何かがある
反応する何かを持っている
ということなんですね。

 

幼少期からの反応のクセがある

 

怒られる人と怒られて嫌な思いをする人、決めつけてくる人と決めつけられて嫌な思いをする人が、1セットだということは

決めつけて怒ってくる人に反応してしまう自分がいて、そこには

決めつけられた内容に対して
自分自身もそう思っていて
自分も自分に怒っている
ということがあったり

幼少期に親から
決めつけられて怒られた
という経験があったりするんですね。

自分は怒られて当然だと思っていたり、
自分が怒られるのはしょうがないと思っていたり

必ず、なにかしら
決めつけて怒ってくる人に反応する何かが自分の内側にある
ということなんですね。

この、内側にある
反応してしまう何かとは何か?
というものが重要となるのですが

それは、一人ひとり持っているものが違って
これまでの経験
特に幼少期の体験の中に
要因が隠されていたりするんですね。

そこに、人生の課題があり、魂の成長に必要なものが見えてくるんです。

このように、決めつけて怒る人をどうにかしようということに意識を向けるよりも、

自分自身の内側に目を向けて、自分という人間がどのようになっているのか?に意識を向けていくことで、改善・解決へと向かっていくんですね。

 

相手が変わらなくても改善・解決へと向かう

 

相手が変わらないのに、どうして改善・解決へと向かっていくの?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

めぐみ
相手が変わらずして問題が改善するわけがない!

と、以前のわたしは思っていました。

ですが、相手が変わらずとも、私たちの悩みは改善・解決していくんですね。

では、どうやって改善・解決していくのか?

それは、悩みや問題は自分の内側にあるネガティブなものに気づくためにあるということが、理解できるようになると、改善・解決していきます。

自分の悩みや問題が、どこからやってきているのか?何が要因で悩んでいるのか?

根本原因を見つけていくことで、人間がネガティブな感情を作り出す過程がわかるようになるんですね。

自分のこと・自分の心や感情について理解が深まると、相手の心・感情がどうなっているのかがわかるようになります。

実は、決めつけて怒られる人のことを苦手に感じる人は、

自分に自信がなかったり、自分のことが認められず自己肯定感が低かったり、自分の存在に価値をかんじられなかったり罪悪感をもっていたりと、自分自身に対してネガティブな捉え方をしているんですね。

それが原因で、目の前の人の左右されてしまっている、ということに気づけるようになると、

自分を認め、自己肯定感を上げたり、罪悪感を手放したりして、不安や心配をどんどん手放していくことができるようになっていきますので、

決めつけて怒る人に反応しなくなっていきます。

感情が揺さぶられにくくなくなりますので、冷静に対応することができるようになったり、苦手意識が減ったりと、相手によって嫌な気持ちにさせられる機会がグンと減っていきます。

決めつけて怒る人が変わらないのに、あれこれ言われる現実も変わらないのに、

あなたの心が変わるから、あなたの解釈が変わるから、嫌な気分にならなくなっていくんですね。

 

決めつけて怒る人の人生の背景

 

あなたが、自分自身について深く理解できるようになると、決めつけて怒る人の心理がわかるようになっていきます。

決めつけて怒る人の心理なんて全く理解不能であったとしても、自分という人間の心理が理解できるようになると、決めつけて怒る人がなぜ、そうなっているのか?がわかるようになっていくんですね。

そうすると、

わたしが悪いわけではない。わたしがダメなわけではない。

決めつけて怒る人の心の傷が、このような行動になっているんだ。それをわたしに向けられているんだな。だから自分自身が嫌な思いをしなくていいんだ

ということも理解できるようになっていくんですね。

そうなると

嫌わず恐れず
自分の意見や思いを表現できるようになり
嫌な気持ちが減っていく
ということに繋がっていったりします。

 

悩みや問題が生じる仕組み

 

自分という人間の心理を理解できるようになると、相手の心理がわかるようになると同時に

相手の事を知ると自分のことも分かるようになります。

わたしたちは、自分のことが一番わからないので、他人を介して自分を知ることとなります。
相手のことを知ることで、自分自身についての理解が深まっていくんですね。

心の仕組みを知ることで、人間関係の全ての悩みがまるっと解決していきます。

信じられないかもしれませんが☆そうなんです。
わたしも、体験するまでは信じられませんでした。

自分自身のことを深く知らなければ、人間関係での悩みが無くなることはありません。
自分自身のことを深く知らなければ、自分を幸せにする方法もわからないのです。

この人が嫌いだから
この人が苦手だから
この人がひどい人だから

離婚しよう!
別れよう!
離れよう!
会社をやめよう!
引っ越ししよう!

そうやって、あの人がいない場所を選んでもいいのですが、
そうしながらも、知っておいてほしいことがあるんですね。

それは

あっちに行っても
別の場所に行っても
転職しても
引っ越ししても

また、あの嫌な人と同じような人が、あなたの目の前の現れるんです。

 

決めつけて怒る人との悩みが繰り返される理由

 

こっちでも、あっちでも
またあの苦手な人と似たような人が現れて
あなたが同じ悩みをもってしまうんです。

どういうこと?

と思うかもしれませんが、

新たな環境に身を置いても
新しい人間関係を築こうとしても

あなた自身が変化していなかったら
また、あの嫌いな苦手な人と同じように

あなたの価値観・信念・観念・定義などで
目の前の人を”解釈”するので

以前のあなたと同じように
ネガティブな感情を味わうこととなり
再び同じように人間関係で悩む
ということになるんですね。

この仕組みを理解できるようになり
そして、自分の思考と心を
扱えるようになることで

現実は自分の内側が現れたものであり
自分の感情はどうにでもなるんだ☆

ということが実感できるようになっていきます。

そうすると、自分次第でどうにでもなるんだ
ということが理解できるようになりますので
安心や自信を持てるようになるんですね。

悩みや問題は、あなたの心にあるものを映し出しているに過ぎない

ということをぜひ
学んで知ってくださいね☆

まとめ

 

今回は決めつけて怒る人との関係で悩まなくなる方法についてお話ししてみましたが、

決めつけて怒る人に、悩まされない心を育てる

ということが、解決・改善には早いんですね。

決めつけて怒る人を変えようと思っても、変えることはできませんし、

決めつけて怒る人が変わるまで待っていても、いつになるかわかりません。

それまで耐えて我慢し続けるなんて、あなたの時間がもったいないのです。

相手が変わろうが、変わらなかろうが、決めつけて怒る人による悩みや問題は改善されていきます。

①決めつけて怒る人に悩まされて、反応してしまうものを、自分自身が持っている

②決めつけて怒る人が変化しなくても、自分の思考や捉え方が変わることで、現実が変化していく

そのためにも、あなたのこれまでの人生の棚卸をしたり、幼少期の親子関係を見つめなおしてみられてくださいね。

 

人間関係での悩みを根本原因からマルッと改善して、人生を好転させていく方法を、無料メルマガでも配信しています。
ぜひ、日常でできる小さなことから始めてみませんか?


こちら

夫婦関係に悩んでいる方は、こちらも見てみられてくださいね。