性格を変えたい!遺伝ではなく環境要因

人間関係の悩みを減らす方法

こんにちは、吉村恵です。

わたしは現在
女性の精神的自立と経済的自立を
サポートさせていただいているのですが

以前は、自分のことが嫌いで
性格を変えたくても変えられなくて
人間関係でも悩んでいたんですね。

ですが、大人になって結婚を機に
未来のわが子のためにと
心理学を学ぶようになってから

性格は変えられるんだ!ということを知りました。

あなたは、長年の、この性格を
変えられるなんて信じられますか?

わたしは、信じていませんでした。
変わるわけがないと思っていたんですね。

ですが今では、あまり好きではない自分の性格を

自分のことが好きな自分に変えられる方法
お伝えする仕事に携わらせていただいています。

そこで本日は、わたしの経験のお話もしながら
性格を変えたいと思っている方へ
性格を変える方法について書いてみようと思います。

 

性格が変化する前兆

 

あなたは、【性格は変えられる】
という言葉をきくと
どんなことを思いますか?

性格を変えるなんてムリでしょう。
自分好みの自分になるだなんて
無理やり、演じる感じは嫌かな・・・

と思われる方が多いのではないでしょうか。

以前のわたしは
そう思っていました。

めぐみ
そんな、何十年も生きてきた性格が
変わるはずがない!

性格を変えるなんて
無理やりに決まってる!

そう思っていたわたしが
今ではすっかり
昔とは違うわたしになっているんですね。

わたしの周りには

自分のことがあまり好きではない
自分に自信がない
自分のことが嫌い

と言われる方がたくさんいらっしゃいます。

以前のわたしも

めぐみ
外見も好きじゃない
性格も好きじゃない
自分の嫌なところばかりが目に付き
自己嫌悪に陥ることが多々あり

生まれ変わりたいな~
人生やりなおしたいな~

なんて思っていましたから

何をするにも楽しくなくて
楽しめずにいましたし

未来に期待や希望も見えないので
ただただ毎日
淡々と生きるだけ、、、

というような日々を
送っていたように思います。

ただ、妻の役目を果たすだけ
ただ、母親の役目を果たすだけ

そこには「自分を生きる」がなかったので
つまらなかったし
窮屈でしたし
苦しかったんですね。

ですが、そんな自分が変化して人生が変化していきました。

自分の気持ち・本音に気付いたのは
40才になる手前でした。

何のために生きているのかがわからなくなり
未来の楽しみや希望もなくて

命がなくなるまで
この毎日をただ繰り返すだけだ・・・

と思うと、悲しみと絶望で
涙が止まらなくなってしまったんですね。

めぐみ
肉体は生きているけれど
心は死んでいる。
これは生きていることにはならない。
死んでるじゃん。

そう思ったんですね。

 

性格は遺伝ではない

 

昔のわたしは、40歳手前になって
苦しい生き方をしていて
ただ、淡々と命が終わるまで
時間を過ごすだけたと思っていたのですが、

以前のわたしと同じように

ただ、妻の役目を果たすだけ
ただ、母親の役目を果たすだけ

ただ、日々の役割である仕事を
こなすことだけに時間を使い
疲れてしまっている方も
いらっしゃるかもしれませんね。

もしかしたら、それ以前に

ただ、妻の役目を果たすだけ
ただ、母親の役目を果たすだけ
に疲れてしまっている自分にさえ
気付かれていない方も
いらっしゃるかもしれません。

性格を変える、ということは
今あるものからガラリと変えるわけでもなく
自分の好きなように作っていくわけでもなく

性格を変える、ということは
本来の自分に戻る
という感覚に似ているんですね。

例えば
もし、誰にも文句を言われないから
自由にしていいよ☆
と言われたら…

行動が変わってきそうではありませんか?

例えば
もし、どんなあなたでも
夫も子どもも未来も
大丈夫!が確定しているとしたら

やることが変わってきそうな気がしませんか?

今は、我慢していること
今は、遠慮していること
今は、諦めていること
今は、無理だと思っていること
今は、できないと思っていること

それらも、なんだか
できそうな気がしませんか

してもいいの?
やっちゃってもいいの?

そうやって、一瞬思ったのではありませんか?

本当は
本当の本当の本当の
気持ちがあるのです。

本当は
本当の本当の本当は
やりたいことがあるはずです。

本当は
本当の本当の本当は
やりたくないことがあるはずです。

ですが、今の状況や立場から
無理だよね、できないよね。
しょうがないよ、我慢しなきゃ。

と禁止し制限の中で
生きてしまっていませんか?

そんなあなたの気持ちに
気付いてあげるだけで
ああ、わたしってそうだったのね
と知ってあげることになるので

心がホッとして
あたたかい気持ちになっていくのです。

この体感を得た時のわたしは
なんとも言えない気持ちでした。

ふぁ~
なにこれ~

というような感じです。
生まれて初めて体感した
感覚でしたね。

子どもの頃の自分に戻り
子どものころのように自由に生きる
ということがポイントになります。

 

悪い性格を変えたい!は間違い

 

本来の自分を取り戻す!
子どもらしい自分を取り戻す!
ということが必要になっていくのですが

子どものころからお利口さんで
親の機嫌をうかがいながら
大人のような子ども時代を過ごした方は

アダルトチルドレンとして
子どもらしさを取り戻す必要があるんですね。

今、人間関係で悩んでいたり
うまくいかない人生にため息をついていたり
するかもしれませんが

それらは、あなたの性格が悪いわけではなく
あなたの性格に問題があるわけでもなく

あなたの思考が
古いパターンで止まっていて
誰かの思考を取り入れていて

あなたらしい、あなたの望む
新しい思考を手に入れてないからなんですね。

ついつい、自分が悪いと思ってしまうのも
ついつい、自分のダメな部分が気になるのも
ついつい、気が利かない自分を感じるのも
ついつい、優しくない自分を感じるのも

それらも、幼いころに

あなたが悪い
あなたのせいで
あなたができないから
まったく、あなたは・・・

と、言われた経験があったり
そうやって言われたかのように
感じた体験をしたあなたがいる
ということなんですね。

すべては、経験です。体験です。

それを脳が覚えていて処理して
目の前の出来事と
あなたが無意識に思い込んでいることを
一致させていくんですね。

これは、脳の仕組みも学ぶと
より理解できるようになっていきます。

 

環境が要因で性格は作られる

 

以前のわたしのように
妻の役目・母の役目を果たすだけの
生き方になっている方には
共通点があるのですが

それは、
幼少期の家族関係に要因があるんですね。

例えば、

・母親が家事育児をして一生懸命だった
・父親は家事育児を全く手伝わなかった
・母親が大変そうでかわいそうだった
・父親が偉そうで、母親が言うことを聞いていた
・母親がプライベートで楽しんでいる姿はなかった
・父親が母親を外に出すことを許さなかった
・母親が子どものためにと犠牲になってくれていた
・父親が要領の悪い母親に悪口を言っていた

などなど、

我慢強くて耐える女性像
みてきた幼少期があったりします。

そうして、
これが普通なんだ。
こういうものなんだ。
わたしも、そうしなきゃいけないんだ。

と、無意識に思ってしまっているんですね。

お母さんみたいになりたくない!
旦那さんの言いなりになんかなりたくない!
偉そうな男は嫌いだ!

と、思っていたにも関わらず
現実は、無意識にあるものが
出てきますからね。

そうやって、
自分のことはそっちのけで
自分以外の人のことを
やってしまう癖をやめられずにいたりするのです。

そして、昭和の母親・妻・女性のように
役目をまっとうしようとすると

本来の自分でない自分になり

妻ならこうするべき
いい母親とはこうあらねば
女性なんだから・・・
という意識が強くなってしまっているんですね。

 

明るくて穏やかな性格にもなれる

 

人生の中で
こうするべきだ、こうしなければならない、
そのようなルールを
幼少期から手に入れてきていて

それらを無意識にやってしまっているのですが、

自分自身についてどう思っているのか?という
自分のいいところや足りない部分についても
幼少期の影響を受けていたりするんですね。

例えば、
マイペースだよね
のろまだよね
理解が遅いよね

そう言われた幼少期があるから
わたしはそうなんだ!と思い込み

わたしは、マイペースだから
周りにちゃんと合わせなきゃ!

わたしは、のろまだから
急いでやらなきゃ!

わたしは、理解が遅いから
ちゃんと話を聞いて勉強して
相手に迷惑をかけないようにしなきゃ!
相手に嫌われないようにしなきゃ!

と、頑張ってしまっていたりします。

でも、それって、本当ですか?
あなたが
マイペースでのろまで
理解が遅いということは
本当ですか?

誰と比べてですか?
絶対にそうだと言い切れますか?
誰もが見ても
あなたをそう捉えるでしょうか?

幼少期に他人と比べてダメだ
と言われたことがあるからこそ

ダメな自分を感じた体験から

そんな自分であってはいけないと
一生懸命、頑張ってきているのです。

ですが、それらは嘘です^^

そもそも、
マイペースものろまも
理解が遅いことも悪いことではありませんね。

自分のペースを大事にしている人ですし
自分の興味のあることに集中する人ですし
自分の世界を持っている
魅力的な人でもあるのです。

あなたは、どういう人間ですか?

それらも、思い込みだったりしますからね^^

 

自分の性格変化で周りも変化する

わたしの講座の受講生の方々からは
自分自身が変化していったことで

子どもが、夫が、変わり始めました

☑自分がやるのをやめたら協力を得られました

☑しっかりさんをやめたら、家の中の空気がよくなりました

などという、変化のご報告をいただきます。
その時の彼女たちの表情が
笑顔でとても素敵なのです。

目の前の人や出来事が変化したことが
嬉しいのではなく

その時のお客さまが体感したものこそが
とってもとっても貴重なもので

人生初の
なんともいえないくらい
不思議な感覚なのです☆

これまでの古い価値観を捨てて
自分らしい、自分好みの価値観を
取り入れていくこと。

そして、我慢をやめて
こうすべき・こうしなければ
というルールも取っ払っていく。

そうすると、自然と笑顔が増え
楽しくなるし幸せを感じられるのです。

だから、周りの人や環境も
変化していくんですね。

わたし自身も
その経験・体感をすることができたから
今のわたしが居るのだと
思っています。

自分に向き合うことを頑張ったから
今があるのだと思います。

自分に向き合うことを
とことんやっていった先には
自分らしく自由に生きられる人生がある
ということです。

 

まとめ

 

本日は、性格を変える方法について
自分自身に向き合って
価値観を変えていく
ということを
お伝えしました。

もちろん、価値観を変えるためには
気づいたのちに行動することが
必須となるのですが、

まずは、自分自身を客観的に見て
自分について知ることが大事になります。

自分自身に向き合って
古いものを捨てて新しいものを取り入れるときには
とても怖くなってしまったりもするのですが

そんなときには
自分らしさを取り戻すんだ!
子どもの頃の自分
子どもらしい自分を取り戻す!

というイメージをすることで
許せる感覚になっていくのではないかと思います。

いまある、あなたの性格は
他人によってつくられていたりしますので

本来の自分を取り戻すことに
チャレンジ
していかれてみてくださいね。

その過程で
心の穏やかさや温かさも
感じる経験をすることとなりますよ。

 

お問い合わせ多数

 

お客さま
「相談に乗って欲しいことがあるのですが、何処でされているのですか?
予約制ですか?」

ありがたいことに
セッションについてのお問い合わせが
増えております。

ご自身とご家族のこと
これからの人生について
向き合いたいと思われている方

いらっしゃるかと思うと

とても嬉しい気持ちになります。

わたしと初めてお話しする方は
まずは体験セッションをお申し込みくださいね。


体験セッション

そのほか、セミナーや講座を受講されたい方は
メルマガから募集案内となりますので
こちらよりご登録されておかれてくださいね。


こちら