人に嫌われるのが怖い。人の評価が気にならなくなる方法

人生を変化させるために必要なこと

こんにちは。吉村恵です。

わたしは現在、人の目を気にせずに自分らしく生きていく人生のつくり方についてレクチャーしているのですが、

わたしの所へお悩み相談に来られる方の多くが

◆人の機嫌を伺ってしまったり、人の顔色を伺ってしまってつかれてしまっていたり、

◆言いたいことが言えなくて、やりたいことがやれなくて、窮屈な思いをしている、

という思いを抱えていたりするんですね。

わたし自身も、以前は人の目を気にして言いたいことを言えずにいましたし、自分のやりたいことを「やりたい」というのにも罪悪感いっぱいで葛藤があったりしたのですが、

それが、自分自身の内側が変化していくことで、自分らしさを”よし”と出来るようになっていったんですね。

そこで今日は
人に嫌われるのが怖い。
人の評価が気にならなくなる方法について
お話ししたいと思います。

小学校時代のいじめ

 

わたしは、父の転勤で、小学校は4校通ったんですね。

幼いながらにも、女子の世界には”グループ”というものが存在していて、トップにいるボスの言う事をきかない人は順番に嫌がらせを受けることになっていたりした時代だったのかもしれません。

わたしは、転校する度に、いじめのようなものを受けました。

状態は激しくはないものの、女子がお得意の”無視”ですね。

仲間に入れてもらえないんです。
話をしてもらえないんですね。

例えば、わたしがA子ちゃんと遊んでいると、ボスがA子ちゃんを呼ぶんです。
そうして、わたしと遊ばせないようにするんですね。

例えば、ボスがいる前では、わたしとは会話できないけれど、ボスがいない時には「ごめんね、話せなくて・・・」と謝ってくる子もいました。

例えば、ボスの影響力が強ければ強いほど、沢山の女子がわたしと会話することをやめるんですね。
わたしは学校に行っても、誰とも一言もしゃべらずに帰ったこともありました。

朝、運動場を走る活動があったりすると、女子は仲良しの友達と同じペースで走り、話をしながら楽しそうにしているわけです。でも私は一人。黙々と活動するしかないんですね。

わたしは、いじめにあいながらも、心のどこかでは”どうせいつかは転校するんだから、ガマンしていればいいや”という感覚でいたのかもしれません。

2.3年おきに学校を変わるわけですから、
心は冷めていたように思います。

いじめが辛かったわけではない

 

いじめられている最中は、いじめにあっていることが辛くて、毎日学校に行って、ボスの目を気にして、女子の目を気にして過ごすことが辛いと思っていたんですね。

しかし、今となって思い返すと、”いじめにあっていると思われたくない”という、周りからどうみられているか、ということをものすごく気にしていたように思います。

だから、平気なふりして、大丈夫なふりして、無視されているわけではありませんよ~的な表情や行動をしていたのではないかと思うんですね。

もちろん、親や姉弟にもバレないようにしていましたから、そんな風に”いじめられているわたしを認めたくない”という思いがあったのではないかと思うんですね。

子どもにとっては、学校が世界で、嫌なことがあっても、クラスでいじめられていても、そこから逃れることは出来ないと思い込んでしまっていたりします。

学校という狭いところにしか、自分の人間関係がないと思ってしまったりするんですね。

親に相談したり、先生に相談したりすればよかったのかもしれませんが、

そんな弱い人間だと思われたくなかったり、いじめられているかわいそうな子、と思われたくもなかったり、言ってしまえば大きなことになってしまうかもしれないという思いもあったりしましたね。

いじめられると、色んな思いをすることになり、とっても辛くて苦しいですね。

そういう経験をすると、やっぱり”いじめられない方がいい” ”嫌われない方がいい”と思うようになるわけです。

そんな思いを抱えながら過ごすことで、勝手に身についていくものがあったりするのですが、

相手の機嫌をとる
相手に合わせる
苦笑いをする
取り繕う

というような技を手に入れていくこととなりました。

子どもと大人は違う

 

子どもの頃は、親の管理の元で生きていかなければならなかったりして、何をするにも親の許可をもらったり、親に相談して、親がYESと言ったものは選択できる、という状態にある人が多いと思うのですが、

大人になれば、何をするのも自分で決めることができて、どこに行ってもいいし、何を買ってもいいし、何を選んでもいいし、何かをやめるのだって自由にできるはずなんですね。

しかし、以前のわたしのように窮屈な思いを抱えていたり、自分に嘘をつきながら、ごまかし、自分らしく生きられていない人は、生きづらさを感じていたりすると思うのですが、

そこには、子どもの頃と同じような”窮屈さ”や”狭い世界”や”選択肢のなさ”を勘違いして味わっているのではないかと思うんですね。

子どもの頃と、大人になった今は、環境も違いますし、一人で生きていくことも出来ます。

結婚して旦那さんがいたり、子どもがいたりしても、それは変わらないはずなんですね。

『いつでも自由なんだ』『好きなようにしてもいい』

そう、自身に許可が出せない人が、生きづらさを感じていたりするんですね。

もちろん、周りから

好きなことだけするなよ
自分ばっかり…自由だな
人の事も考えろよ
もっと意味あることをしろよ
そんなことする意味ある?

というような言葉をかけられたり、そのような嫌なエネルギーを渡してこられることにより、

思うようにならない、窮屈な人生を生きている感覚になっていたりもするかと思いますが、それでも、その時に

これからあなたが、何を選ぶのか、どう行動するのかで
人生が変化していくのではないかと思うんですね。

みんなから好かれようとしない

 

人間関係で悩んでいる人に共通しているものが

”みんなから好かれたい”という思いだったりするんですね。

嫌われたくない!という思いが自分の中になることを自覚している方も多くいらっしゃったりするのですが、

人間関係で悩んでいる方や、人の目を気にして疲れている方は、もしかすると

みんなから好かれたい
誰にも嫌われたくない

という思いを持っているのではないかと思うんですね。

そこで、ちょっと想像してみてもらいたいことがあります。

みんなから好かれることって可能ですか?

誰からも嫌われないでいることって可能ですか?

この世の中で、どれだけ人気があって有名でたくさんのファンがいる方々でさえも、アンチはいるわけなんですよね。

どれだけ素敵な人であって、人間的に最高な人であっても

わたしはあの人嫌い。
あの人の顔、好きじゃない。
あの喋り方、嫌だわ~
生理的に無理。

そういう風に、受け取り側の都合で”嫌い””好きじゃない”と言われることがあるんですよね。

相手にも好みがあり、相手にも選ぶ権利がある、ということです。

わたし自身も以前は、人に嫌われたく思いでいっぱいで、気をつかいながら生きていたので、
人から嫌いだと言われると傷ついていたんですね。

例えば、初対面なのに

なんか気が強そうだね・・・
なんか性格悪そう・・・

直接的ではなくても、コソコソと耳打ちしている声が聞こえたりしていましたね(;’∀’)

洋服のセンス、どうかと思うよ
なんか偉そうな話し方だね~

なんて(;’∀’)
相手は相手で、わたしのことを勝手に判断するんですよ。
わたしのことを何も知らないくせに!!
ですよ^^

わたしは、心の中で

めぐみ
こんなことで悲しんでたまるか!

いいですよ~
わたしのことをわかってくれる友人が居ますからね~

なんて思っていましたね^^

そんな風に、人は話もしないのに見た目で判断することも沢山あるんですね。

となると、

わたしたちが良い人なのか、優しい人なのか、素敵な人なのか、
そういうことも何も知らないまま、話すこともないまま

あなたのことやわたしのことを嫌いと判断する人も居るということなんですね。

それは、しょうがないことだったりします。

あなたがどうのこうの、というよりも、相手からは”そのように見える・感じる”ということだけなんですね。

事実かどうかは別なので、嫌われたからって自分のことを責めてダメだしする必要はなかったりするんですね。

わたしも勝手に判断している

 

逆に、自分自身の事を見つめてみると、人の心理が分かったりします。

例えば、あなたは、見た目で人を判断することはありませんか?

色が黒くてサングラスをかけている人は気が強そう、怖い。

無表情で猫背で下を向いて歩いている人は暗そう。

いつもニコニコしている人は優しくていい人っぽい。

口数は少ないけれど周りを見渡している人は賢そう。

などなど、勝手に人の事を判断していることって案外多いんですね。
相手と会話もしていないのに、勝手にこちら側が決めつけてしまう。

そして、話しかけるのをやめようと思ったり、関わりたくないからと避けたり・・・
していませんか?^^

そのように、自分自身も見た目で判断してしまっていたり、特別な理由もなく、嫌なことをされたわけでもないのに、苦手に感じて避けてしまいたくなる人がいる、ということを認めることができるようになると、

他人が自分のことを嫌っても、大して傷つかなくなったりするんですね。

なぜなら、自分が人の事を見た目や勝手に感じるもので判断していることを知れば、相手もそのような感覚で自分のことを判断しているだけだからだと納得できたりするからなんですね。

なので、みんなから好かれたい!誰からも嫌われたくない!と望むには、無理があるという事なんですね^^

願っても努力しても、叶わないことだったりします。

まとめ

 

今日は人に嫌われるのが怖い。
人の評価が気にならなくなる方法について

わたしのいじめの体験と、
人から外見で嫌われた体験から

視点や受け取り方が変われば人の目が気にならなくなる
ということについてお話をしてみました。

相手を変えるのは難しいことで、
そもそも相手が変わりたいと望んでいなければ
相手が変わることはありませんので、

自分自身の視点や価値観をどんどん変えていって
悩まない心を手に入れる方が

人生があっという間に好転していくのではないかと思ったりしています。

ぜひ、人の目や人の評価が似になって窮屈な思いをされている方は、自身の視点を変えてみる方法を試してみられてくださいね。

自分を内観する方法を詳しく知りたい方は、悩みや問題が起こる仕組みをお伝えしていますので、
こちらも参考にされてみてくださいね。

こちら