幸せになるために必要な、たった1つのこととは?

人生を変化させるために必要なこと

こんにちは。吉村恵です。

わたしは現在、
自分の内側を変えるだけで
目の前の現実が変わって見える
ということをお伝えしています。

わたしの所へご相談に来られる方は

・穏やかな気持ちで過ごしたい
・悩みがない自分になりたい

というように、
平穏・平和・安心を望んでいる方が
少なくないんですね。

私たちはみんな
幸せになりたい!と思っていますし、
幸せになることを願っていたり
するのではないかと思うんですね。

それなのになぜ・・・

幸せな人と、幸せでない人がいるの?

あの人は凄く幸せそうなのに、
私は全然幸せじゃない。

どうしてあの人はいつも幸せそうに笑っているのに、私は笑って過ごすどころかイライラすることが多いの?

私とあの人たちの違いは何なのだろう。

幸せな人と幸せでない人の差は何なのだろう。

そんな思いをもっていたり、
人と比べてしまって
自分の現状を悲しくなってしまったり
イライラして腹立たしくなったり
している方が結構多かったりするんですね。

わたしだって幸せになりたいし、
いつも穏やかに
優しい気持で生きていたいのに。。。

以前のわたしも
そのようなことを思って
モヤモヤしていた時期が
長くあったんですね。

そこで今日は、
幸せになるために必要な、ただ1つのこと
についてお話ししようと思います。

 

ワガママだと言われている気がする

 

今、幸せですか?
あなたは今、幸せですか?
どのくらい幸せを感じていますか?
それとも、幸せではありませんか?
不幸せですか?

毎日の忙しさに追われて、
やることが沢山あって、
時間に追われながら、
一生懸命生きているつもりなのに、

なんだか変化のない毎日に飽きていたり
こんな日々がいつまで続くのだろうと
不安に思ったり

何のために生きているのか分からないまま
時間を過ごしていたり
なんとなく生きている、

ということはありませんか?

わたしは以前、自分の中で
思いが爆発して
抑えきれなくなってしまったとき、

今の現実が淡々と過ぎて
夢も希望もないまま
時間を経て人生が終わってしまう、

それを想像してしまったときに
”そんなの嫌だーーー!”
と思ったんですね。

今思い返すと
そんなに不幸だったわけではないんですね。

結婚もしていて、子どももいて、
夫も働いていて、
生活も苦しくなくて、
普通に過ごせていた環境でしたから、

周りからしてみれば

何がそんなに嫌なの?
何をそんなにイライラしてるの?
何をそんなに生き急いでるの?
何がそんなに不満なの?

そんな風に見えていたのかもしれません。

家族や近しい人たちからは

「ちょっと自分勝手なんじゃない?」
「贅沢言ってたらダメだよ」
「今で十分幸せじゃない」
「欲張りな人だね」

なんていうことを言われたりもしました。

そう言われるとわたしも、

そうなのかな?
私がワガママなだけなのかな?
こんな人生が普通なのかな?
私の考え方がおかしいのかな?

そんな風に思うようになっていたんですね。

人と同じでなければならない
人と違ってはいけない

 

日本はこんなに治安が良くて、
物質的にも豊かで、
とても過ごしやすい国なのに
幸せを感じている人が少ない国だったりするんですね。

自殺者が多い国だったりするんです。

なぜなのでしょう。。。

自分自身に価値を感じられない。
わたしは居ても居なくてもいい存在。

そう思っている人が
多かったりするんですね。

わたしの所へ、ご相談に来られる
多くの方々も、
悩みや問題の根本に

自分で自分のことを大切に出来ていない
というものがあったりするんですね。

その原因のひとつに、
自分の意見よりも自分の思いよりも
人の意見や人の思いを
優先して取り入れてきた人生だったから
ということがあるのかもしれません。

幸せになりたい。
幸せを感じながら生きていきたい。

そう願っていても、
自分にとってどういうことが幸せなのか、
わからずに過ごしている方が
たくさんいらっしゃったりします。

そういう私も、
あれは嫌だ、これは嫌だ、という
嫌なことにはすぐに反応していたけれど、

じゃぁ、どうなりたいの?どうしたいの?
何をもって”幸せ”になるということなの?

と聞かれた時に、
答えられなかったんですね。

わたし自身、どうやって、どうなることが
自分の幸せになるのかを
わかっていなかったんですね。

今思えば、それじゃあ、
幸せになりようがないよね。。。
幸せになる努力も出来ないね。。。
ということがわかります^^

あなたにとっての”幸せ”とは何ですか?

 

少し、考えてみてほしいことがあります。

あなたにとっての「幸せ」とは、
どういうことですか?

何を手に入れたら幸せなのですか?
何が出来たら?何をやめたら?
何がどうなったら幸せだと
思うのでしょうか。

小さなことから大きなことまで、
どんなことでもいいので、
考えてみてください。

そして、紙に書き出してみてください^^

そして、その紙を眺めてみてください。

あなたは、
どんな状態でいることを幸せだと感じるのでしょうか。
どんな気分になる時を幸せだと感じるのでしょうか。

こんな風に、自分の幸せについて
考えてみられてことはありますか?

わたしは心の学びをするまで、
自分自身についてじっくり時間をかけて
深く知ろうとしたことはありませんでした。

なので、
わたしの幸せは、みんなと同じ幸せだ、
と無意識に思っていたんですね。

普通に結婚して
普通に子どもを産んで、
普通に仕事して、
普通に休日を過ごして、
普通に長生きして、
普通に健康で・・・

そういうことは
容易く想像できるわけですから・・・
ということは、私にとって
それが当たり前だったんですね。

みんなと同じ・普通・こんなもんだよね。

そんなことで安心と安全を手に入れていたように思います。

しかしそれが、
私の悩みの種となっていたんですね。

あれがあったらいいのにな
これがなければいいのにな
あの人がいなくなればいいのにな

そんなふうに、あれが、これが、
それが・・・と思っている間は、
私が幸せを感じる事はありませんでした。

幸せになるどころか、
イライラしたり悲しくなったりする出来事の方が
多くて多くて。

いま思うとそのとき、
私が幸せを感じられなかった理由は

わたしがわたしのことを上手に扱うことができなくて、

わたしが幸せになるのも、イライラするのも、

相手の言動によって左右されていたから、

わたしにはどうすることも出来なかった、

ということなんですね。

わたしが直接、手を下せるのは
わたしのこと”のみ”
であることを知った時に
少しずつ心が楽になってきたように思います。

自分が選べるのは、自分自身の言動です。
わたしたちがコントロール出来るのは、
自分自身だけだったりするんですね。

だから、
自分が自分ををどうにかしてあげることで、
幸せを感じられるようにしてあげるしか
「幸せになる方法」はない、
ということだったりするんです。

アイツがこうなればいいのに。
アイツが~~をしてくれればいいのに。

そうやって相手を変えようとしても
相手が変わりたいと思っているかどうかも分かりませんし、
相手を変えることはできなかったりするんです。

相手を変えよう変えようとすればするほど
悩みや問題が増えていく一方なんですね。

では、どうすればいいのか?
嫌な人との関り方とか、
どうすればいいの?と
思ったりするかもしれませんね。

それは、
常に自分のことを幸せにすることに
集中しながら生きていく、
ということだったりします。

自分が自分を幸せにするということは、
自分のために出来ることは何があるのかを
考えて行動に移す、ということなんですね。

いつでも、どこでも、
どんなことがあったとしても、
常に自分の幸せのために出来ることを
考えてあげるといいんですね。

あなたを苦しめる罪悪感

 

幸せになるために、手放すといいものが
”罪悪感”だったりするんですね。

例えば、
旦那さんや子どもを置いて
自分だけランチや飲みに行くのに
罪悪感があったりしませんか?

私だけ美味しいものを食べていていいのかな…

早く帰らなきゃ…

私だけのためにお金を使って申し訳ない…

少しでも金額の安いものを…

本当は、とっても楽しかったのに、
家族に悪いから
”あまり楽しくなかった”ような顔をして帰る…

そんなことはありませんか?

専業主婦だからとか、働いていないからとか・・・

そんな風に後ろめたい気持ちを持っていたりしませんか?

そういう罪悪感は全て必要ないものだったりするんですね。

でも・・・
夫が文句を言ってきます。
夫の機嫌が悪くなります。

そう言われる方も少なくありません。

しかし、そこで、
自分のために頑張ってほしいんですね。

自分が幸せになることを、自分が許し、
自分が楽しい気持ちになることを、
自分が許す。

自分が嬉しい気持ちになることを、
自分が許すことです。

許可するんです。

そこには、何の条件も必要ありません。
ただただ、自分が幸せになることを許す
ということをしていくんですね。

そんなことで幸せになるの?と思うかもしれませんが

自分に許可を出すことができると、

夫に文句を言われても
「ごめんね~楽しい時間を過ごさせていただきました☆」

夫の機嫌が悪くなったとしても
「子どもの面倒見てくれて助かった~」

と、自分の喜びのために
相手が怒ったり、機嫌が悪くなることを
怖がらなくてすむようになるんですね。

相手が怒ったり機嫌が悪くなっても、
放っておけばいいということですか?

という質問もあったりもしますが、

そういうことなんです^^

だって、相手を怒らせたいわけでもなく
相手の機嫌を悪くさせようと思って
やっているわけではないわけですから、

怒っちゃった?何が嫌だと感じたのかな?

そんな柔らかい目で相手を
見てあげたらいいんですよ。

罪悪感をもっている時は
私が自由にする=相手が怒る
私が楽しむ=相手の機嫌が悪くなる

というようなルールを
自分も目の前の相手も
持っているということなんですね。

なので、そのルールを
自分の方から崩していくといいんですね。

まとめ

 

今日は、
幸せになるために必要な、ただ1つのこと
についてお話ししましたが、

相手がどうにかしてくれたらいいのに、
相手が変わってくれればいいのに、
そうやって思っていても
相手を変えることは出来ませんので、

自分の内側を変えていく方が
断然簡単にできることだったりするんですね。

幸せになるために必要なことはたった1つ
”自分が自分を幸せにする”
です^^

今日お伝えした方法はこちらです↓

①自分にとっての幸せとは、どんな状態のことかを考えてみましょう。

②自分が嬉しい事・楽しいことに罪悪感をもたないようにしましょう。

③自分が幸せになることを許しましょう。

ぜひ、試されてみてくださいね。

何かのお役に立てると幸いです。

自分の内側の変え方について
もっと詳しく知りたい方は、
こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

無料でダウンロードできます。
電子書籍

日頃、どんなことをしていけばいいのか?
もっと詳しく知りたい方はこちらにご登録くださいね↓


こちら

友だち追加         
▲自分らしく生きる方法を配信▲
@yjr5854g     お友だち追加!