かまってちゃんに疲れる…面倒くさい人への対処法

未分類

こんにちは。吉村恵です。

わたしは現在、
人間関係の悩みから
自分らしさを取り戻す方法
お伝えしています。

あなたのまわりに”かまってちゃん”はいませんか?

”かまってちゃん”によって
嫌な思いをされていませんか?

かまってちゃんは寂しがり屋なので、
かまってもらえないと
拗ねたり怒ったりします。

かまってちゃんは
あれこれ問題を起こして
あなたに助けを求めてくるのではありませんか?

そんなお悩みをたくさん受けますので

今回は
かまってちゃんに疲れている人へ
面倒くさい人への対処法について
お話ししようと思います。

かまってちゃんに振り回される

 

かまってちゃん自身は
意識している方も
無意識の方もそれぞれ

認めてほしい
好かれたい
嫌われたくない

という気持ちをもっていたりするんですね。

この気持ちは、
誰しもがもっているものだったりもするのですが、

かまってちゃんは
その気持ちが強かったりする
んですね。

わたしの所へこられるお客さまも

お客さま
かまってちゃんにかまってあげなきゃいけなくて疲れるんです・・・
お客さま
かまってあげないと、なんだか自分が冷たい人のようで・・・

とモヤモヤされている方が
多くいらっしゃるんですね。

このお客さまのような思いを味わっている方も
たくさんいらっしゃると思うのですが、

実は、この
かまってちゃんに対して思う気持ちから
自分の心の中を探っていくことが
大切
だったりするんですね。

自分が要因で問題が起こる

 

悩みや問題というものは
相手や事象が悪い
というわけではなく

何かしら自分が関わっている

という視点で捉えてみることで
改善に向かっていくんですね。

あなたが悪い、ということではなく

あなたが何かしらの要因となっているとしたら
どんなことがあるのか?

という感覚で見ていく感じなんですね。

わたしも以前は
かまってちゃんの言動に嫌気がさしながらも
面倒くさい~と思いながらも

結局はかまってしまう自分がいましたし、
かまってちゃんと関わることで
ものすごく嫌な思いをすることが
多くあったんですね。

それを、カウンセラーさんに
相談したことがあるんですん。

めぐみ
かまってちゃんと関わるのが面倒くさくて・・・

かまってかまってアピールをしてくるから、無視するわけにもいかなくて、かまってあげることでわたしの時間がとられますし、

かまってほしい人が目の前にいるのに、無視することも出来ず、対応しなかったときには気まずくてモヤモヤしてしまったりするんですね。

なんだか自分が冷たい人のような気がして・・・

カウンセラー
めぐみさん、そんなことを感じていたのですね.

実は、そのかまってちゃんは、めぐみさんが寄せてきているんですよ~

めぐみ
え??

わたしが寄せてきているとは、どういうことですか?

わたしは、かまってちゃんは嫌だな~面倒くさいな~関わりたくないな~と思っているんですよ?

カウンセラー
そうですよね。

かまってちゃんは嫌だな~と思っているんですよね。

しかし、かまってちゃんがめぐみさんに寄ってくるには、めぐみさんが寄って来てもOKな人でなければならないという事なんですよ。

めぐみ
寄って来てもOK?
カウンセラー
そうそう。

「絶対にかまってちゃんは寄ってくるなよ~大嫌いだからな~」と思っている人には、かまってちゃんも寄っていかないんです。

なぜなら?!

そんな人に寄っていっても、かまってちゃんは嫌な思いをするだけだからです^^

めぐみ
そうですね。

嫌いだ~寄ってくるな~と言っている人の所に、わざわざ行くことはありませんものね。

カウンセラー
そうなんです。

そこにヒントがあるんですね。

めぐみ
ヒントですか?

嫌いだ~寄ってくるな~と言っている人の所には、かまってちゃんは行かない・・・?

ということは、

わたしの所に寄ってくるという事は、わたしは来てもOKよ!と言っているということになるんですかねぇ?

カウンセラー
そうそう!そういうことです。

めぐみさんが来てもOKよ!とハッキリとは言っていないとしても、来ても大丈夫だという雰囲気をだしていて、かまってちゃんにちゃんと対応してあげてるということなんですね。

かまってちゃんは、めぐみさんと関わることでいい思いをしている、ということなんですね。

だからまた、かまってちゃんが寄ってくるんですね。

めぐみ
ほほーー

そういうことなんですね。

カウンセラー
めぐみさんが、かまってちゃんに優しく対応するから、かまってちゃんはやってくるんですよ。

そのうち、「めぐみさんは、わたしの言い分を聞いてくれるわ★」と、かまってちゃんの要望が大きくなっていったりするんですね。

めぐみ
あぁ、そうですね。

かまってちゃんの様子がエスカレートしていっている気がします。

調子に乗っている・・・というか(;’∀’)

カウンセラー
そうそう。それから

めぐみさんは、かまってあげないことは悪いことのように感じると言われていましたね?

そこには、罪悪感があるんです。

別に、かまってちゃんにかまわないことが悪いことではないんですよ。

めぐみ
え? いいんですか?

かまってちゃんにかまななくてもいいんですか?

かまわない私は、性格が悪いんじゃないんですかねぇ?

カウンセラー
めぐみさんが、性格が悪いとか、冷たいとか、そういうことではないんですよ。
めぐみ
わーーーん( ;∀;)

なんだかホッとしましたーーー

カウンセラー
めぐみさんは、そこに苦しんでおられたんですよね。
めぐみ
はい。。。
そうかもしれません。
カウンセラー
実はね、そこにめぐみさんのセルフイメージがあらわれていて、

めぐみさんは自分のことを

性格が悪い人
冷たい人

と思っているということなんですね。

めぐみ
はい、そう思っています。
カウンセラー
そんな自分を嫌っていると思うのですが、

実は、そんな自分を感じるようになった過去の体験があるというだけであって

実際にめぐみさんが性格が悪くて冷たい、ということではないんですね。

めぐみ
そうなんですか・・・
カウンセラー
そうですよ。

めぐみさん自身が、私は冷たくて性格が悪い、と思っているから、
そんなわたしではいけない!と思う葛藤を

かまってちゃんの言動によって感じさせられることにより
嫌な思いをしているという仕組みなんですね。

めぐみ
そうなんですね。
カウンセラー
なので、これもめぐみさんが寄せてきている、ということに繋がっているんです。
めぐみ
ん?
どういうことですか?
カウンセラー
めぐみさんが、私は性格が悪い・冷たい、と自分のことを責めているから、

それが現実となって現れているだけなんですね。

ということは、

かまってちゃんによって、めぐみさんの嫌な自分を感じることで、悩んでいる状態ということなんですね。

めぐみ
はぁ、そういうことなんですね。
カウンセラー
なので、かまってちゃんで悩む人もいれば、まったく悩まない人もいるんです。

だから、かまってちゃんが悪い、というわけではないんですね。

めぐみ
えーーー?

かまってちゃんは悪くないんですか?

カウンセラー
そうですよ。

いつもお伝えしていますが、世の中のことには良い悪いはないんです。

めぐみさんが、良い悪いで捉えた時に悩みや問題となって出てきているだけなんですよ。

めぐみ
うーーーん。

かまってちゃんに悩まない人っているんでしょうか?

カウンセラー
そう、いますよ。

放っておく人もいますし、かまってちゃんにかまってあげることで”役に立てている自分”を感じて嬉しくなっている人もいるんですよ。

めぐみ
はぁ。そういうことですね。

かまってちゃんが悪いわけではなく、自分の心が目の前に現れていだなんて、

信じたくないような、納得できないような、そんな気持ちになっていました。

自分が変われば悩みが解決する

 

めぐみ
じゃあ、わたしがかまってちゃんに対して、迷惑だと思わない心を手にしたらいいということでしょうか?
カウンセラー
まぁ、そういうことになるわね。
めぐみ
知りたいです!

わたしはどうしたらいいのでしょうか?

カウンセラー
めぐみさんは、かまってちゃんにしょうがなく付き合ってあげて、ガマンしながらも関わっていますよね?
めぐみ
はい、そうです。
カウンセラー
それが、悪循環となっているんですよ。

めぐみさんが負のエネルギーを発しているんですよ。

めぐみ
え?

わたしが負のエネルギーを発しているんですか?

どこですか?どの部分でしょうか?

カウンセラー
しょうがなく、ガマンしながら関わっていることによって
嫌だな~という気持ちが増してきますよね。

そうやって、相手の事を嫌いになって

面倒臭いと思ったり、ウザい人だな~と思ったりしていくのではありませんか?

めぐみ
はい、
嫌いになっていきますね(;’∀’)
カウンセラー
そこで、これからめぐみさんに意識してもらいたいことがあるのですが、そのことについてお話ししていきますね。
めぐみ
よろしくお願いします。

➀自分の気持ちを大切にする

 

カウンセラー
相手がどんなことを言ってきても、どんな態度をとってきても、どんな頼みごとをしてきても、

めぐみさんは、その要望をきいてもいいし、聞かなくてもいいんですよ。

断ってもいいし、後からねと言ってもいいんです。

めぐみさんの今の心の状態に従ってみることが大切です。

性格が悪いとか、冷たい私、と感じると思いますが、
そんなの関係ない!と思って、進んでみてくださいね。

➁自分の気持ちを拾う

 

カウンセラー
きっと、断ったり、後回しにすることで、
めぐみさんは嫌な気分を味わうこととなるでしょう。

自分だけの中で嫌な気分を味わうこともありますが

もしかすると相手が

拗ねて怒ったり
文句を言ってきたり
機嫌が悪くなったり

するでしょう^^

めぐみ
えーーー!

それ、嫌ですね。
断れないです( ;∀;)

カウンセラー
そうですよね。
嫌な気分を味わうのですが、
ここが乗り越えるチャンスなんですよね。

拗ねて怒られても
文句を言われても
機嫌がわるくなられても

それでも、めぐみさんの気持ちを優先してください。

それで大丈夫ですよ。

めぐみ
はぁ、出来ますかねぇ。。。
カウンセラー
それをやるかやらないかで、めぐみさんと現実が変わるか変わらないかが変わっていきますからね。
めぐみ
それなら、頑張ってやっていきたいです。
カウンセラー
そう、そこは頑張りどころですよ。

その、拗ねたり機嫌が悪い人が苦手だったり、嫌な雰囲気を避けてきためぐみさんがいるので、

そこを克服していくチャンスを、かまってちゃんが与えてくれている状態だったりするのよ。

めぐみ
へぇ。
そういう捉え方なんですね。
カウンセラー
なので、めぐみさんはかまってちゃんを目の前にして

対応しないことを冷たい人だと感じる自分を感じて
断る自分のことを性格悪いと捉える自分を感じてくださいね。

それから、

機嫌悪い人は苦手だな~
拗ねて怒ると、何とかしようとする私がいるんだな~と
それを感じることが大切なんですね。

めぐみ
分かりました。やってみます。

あぁ、嫌なんだな~
苦手なんだな~
ザワザワするな~

を感じてみますね。

カウンセラー
そうです。
それをするだけでも変化していきますよ。

めぐみさんは、嫌だから、避けたいから、怖いから

かまってちゃんに対応してしまっていた

ということに気づけることとなるでしょう^^

まとめ

 

今回は
かまってちゃんに疲れている人へ
面倒くさい人への対処法について

わたしがカウンセラーさんに相談した内容をシェアしてみました。

この後、
自分が感じているものを感じる、ということ意識してみたのですが

嫌だと思っている時間を意識しなければならなかったり

嫌な雰囲気をそのまま感じなければならなかったりして

辛い時間もありましたが

それを繰り返していくうちに
次第に

自分のことを客観的に捉えるようになったり

自分のことを責めなくなっていったので

かまってちゃんとの関りで
わたし自身が嫌な思いをすることが減っていったことにより
あまり悩まなくなったんですね。

かまってちゃんが居ても居なくても、全部自分で決められることなんだと思えるようにもなりました。

なのでぜひ、かまってちゃんへの対応に悩まれている方は
わたしと同じように実験されてみてくださいね。

そして、何を感じるかを
味わってみられてくださいね。

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

自分の心の中が目の前の現実に現れている、という仕組みを詳しく知りたい方は、悩みや問題が起こる根本原因をお伝えしていますので、
こちらも参考にされてみてくださいね。

こちら